FOOD

2019.10.17

ふきや @福岡・博多

第15回。今回は子供の頃から食べているソウルフード。地元ネタはまだまだ続きます。
ご紹介するのは<ふきや>博多店です。

ここ、お好み焼き屋さんなんですが、きっと皆さんが想像するのとは違うはず。
でも、これがたまらんのです。ソウルフードってそういう所ありますよね。
「誰が何と言おうと俺が美味い」みたいな。

コテでギュウギュウに潰して、長い時間をかけてじっくり焼く、重厚感たっぷりなお好み焼き。

懐かしいっす。もう感激。

あぁもう、ごめんなさい!
炭水化物に炭水化物を重ねる重罪をお許しください。
ここの焼き飯がまた美味いんですよ。頼んじゃいました。罪、犯しちゃいました。

開き直って食べ方をご説明しましょう。
二つ揃ったところでこのドロドロのソース、マヨネーズをセンターにしてどっしり置くんですね。
そうしたら、箸で細かく切ってあるお好み焼きをとって、ソースをつけて食べてください。

福岡のお好み焼きって、細かくカットされているので食べやすいんです。
だから食べ過ぎても仕方ないんです。小さいから、一口が。
食べやすいから、食べてしまう。論理的にも筋が通ってる。
焼き飯も食べちゃって仕方ないんです。とにかく美味いから、食べる。

まさしくソウルフード。
僕を形成したそんな炭水化物たちを、ぜひ機会があれば皆さんにも味わってみていただきたいなと。

それでは!

『ふきや』
電話:092-473-7471
URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40003243/

Writer Profile

CARBOBOYS

Writer Profile

CARBOBOYS

カーボ・ボーイズ
1984年生まれ。福岡県出身。

ジャンル問わず様々なプロジェクトを主宰するプロデューサー。
2021年には音楽、インテリア、革職人と違った経歴を歩んできたメンバーとソックスメーカー『PARADISEfootskinclub.』を立上げる。

Instagram
@carboboys
@paradisefootskinclub