FOOD

2019.06.18

自由軒 @大阪・難波本店

第3回は、大阪から東京へ戻る前にいただいた<自由軒>の名物カレー。 明治43年創業のレトロな洋食屋さんなんですが、外観から「当たり」感が漂ってます。 食事って店内の雰囲気も美味しさに作用していると思うんですが、その辺もさすがの老舗。ばっちりです。 レジにいる名物女将のお客さんさばきを見ているだけでも面白く、基本的に相席ですが、バンバン回転しているので、並んでいてもすぐに座れます。 自由軒って素敵な名前だなぁなんて、お店の雰囲気を楽しんでいると早速来ました、名物カレー。 もう見た目がズルイんですよね。 最初はそのまま食べる、というか飲む。 次は混ぜて食べる、というか飲む。 最後はソースをかけて食べる、というか、がぶ飲み。 カレーは飲み物ですという名言にリスペクトを込めつつ、名物カレーをゴクゴクいっちゃいました。ほんとに進む進む。 食べる前の見た目から美味しくないわけがなかったですし、食べても実際に美味しくて。今こうして思い出しても、ヨダレがほんとに出てきそうなんです。いや、出てます。 ちなみにアシスタントはオムライスを注文しました。 これもまた「見た目から美味しいタイプ」のやつ。 ただ僕は名物カレーに一途に向き合いたかったので、カレーとオムライスの一口交換をさせてもらい、あとは名物カレーをまたゴクゴクと独り占め。ちらちらカレーを見てきましたが、名物カレーは譲りませんでした。 それくらい美味しいお店でした。 それではまた。 『自由軒』 電話:06-6631-5564 URL:https://retty.me/area/PRE27/ARE94/SUB9501/100000016391/

Writer Profile

CARBOBOYS

Writer Profile

CARBOBOYS

カーボ・ボーイズ
1984年生まれ。福岡県出身。

ジャンル問わず様々なプロジェクトを主宰するプロデューサー。
2021年には音楽、インテリア、革職人と違った経歴を歩んできたメンバーと
ソックスメーカー『PARADISE footskin club.』を立上げる。

Instagram
@carboboys
@paradisefootskinclub