FOOD

2019.11.22

元祖長浜屋 @福岡

第17回。地元ソウルフードネタは今回で一旦最終回です。
このソウルフードシリーズでトリを飾ってもらいたかったのが、福岡県人が愛する<元祖長浜屋>。

もりもり食べてグビグビ飲んで、帰りに“元長”でラーメンを食べて、〆る。
※元長=「元祖長浜屋」の略・ガンナガ

この一連の流れを含めてソウルに刻まれたフードなんだなって思いました。
飲んだ後のラーメンで、この年になると翌朝は目がパンパンですが、それも含めて好き。
ぜひ、ラーメンを食べたくなったら気にせず食べてください。

さて、本題に戻りまして、元長のメニューですが、ラーメンしかありません!

券売機で食券を買って、ドアを開けた瞬間に自分の好みで注文するスタイルです。

ちなみに僕のおすすめは、「ベタカタネギモリ」です。
※ベタカタネギモリ=「頼む。今すぐ、油多め、硬めん、ネギ大盛りをくれ」という意味の呪文。
この呪文を唱えたら、体感5秒くらいでラーメンが出てきます。

こんな感じで自分のカスタムで注文できるので、珍しい注文もたまにあります。
「ズンダレメンヘラ」。
これは徹底的に麺を湯がいて、ビヨンビヨンにのびた麺を食べるという、かなりマニアックなメニューです。

ちなみに写真を見てもわかる通り、店内には紅生姜と「部活かよ!」ってサイズのやかんと、コップとラーメンダシ、コショウだけです。
メニューも限られるので、これ以上おすすめの仕様がないのですが、この選択肢のなさも、ソウルフードたる理由ですね。

だいぶ飲んだ後の酔っている時、店内の風景が落ち着いたり、地元に帰れば必ず立ち寄る感じ。
これはもはやホームなのかも。(なんなら店員さん用のTシャツもほしい)

読者の皆さんも、福岡に来られた際にはぜひ僕のホームに行ってみてください!

『元祖長浜屋』
電話:092-711-8154
URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40006844/

Writer Profile

CARBOBOYS

Writer Profile

CARBOBOYS

カーボ・ボーイズ
1984年生まれ。福岡県出身。

ジャンル問わず様々なプロジェクトを主宰するプロデューサー。
2021年には音楽、インテリア、革職人と違った経歴を歩んできたメンバーと
ソックスメーカー『PARADISE footskin club.』を立上げる。

Instagram
@carboboys
@paradisefootskinclub