FASHION

2020.09.19

秋の立ち上がりはWISMでしょ。WISM 2020AWオススメブランドTOP3!

  2012年に渋谷のキャットストリートに創業し、独特の審美眼とモチベーションでコアなファンを引き付けてやまないセレクトショップ・WISM。ストリートファッション黎明期間際に設立されたこともありストリートのイメージが強く残りますが、ブランドコンセプトから「ストリート」の文字が消えていることにお気づきでしょうか?現在のコンセプトに「自分たちが生きてきた中での経験や記憶から裏づけされた直感から今、最高と感じているアイテムをセレクト」とあるように、ジャンルレスに今、WISMが本気でイイと思っているものがお店に並んでおり、目の肥えたユーザーを飽きさせずにいつも楽しませてくれます。今回はその本気度100%、いや200%のWISM秋のオススメブランドTOP3を聞きました。秋の立ち上がりはWISMでしょ!   ①doublet ②is-ness ③NOMA t.d.  
doublet

doublet “PUPPET ANIMAL EMBROIDERY CHECK SHIRT” ¥39,000+TAX

毎シーズン、話題に事欠かないdoubletとWISMのユニークな別注シリーズ。この秋冬も取り組んでおり、RATEHIGHER magazineでも先日この話題を取り上げました(コラボTシャツフーディ)。PUPPET ANIMAL EMBROIDERY SHIRTは立体的な刺繍が特徴で、この刺繍の形は2020AWが初めて。そもそも刺繍を立体的に魅せるなんてなかなか思いつかないし、思いついたところで実現性が乏しいと思うのが月並みでしょう。しかしdoubletは違います。今まで数あるギミックを確かな技術力でカバーし、実現してきました。

doublet “THANK YOU FRINGE EMBROIDERY HOOD” ¥36,000+TAX

WISMコンセプターの堀家龍さんもそんなdoubletの卓越した技術と唯一無二と言っても過言ではないそのファッション性に魅了されているひとりです。「WISMでも不動の人気であるdoubletですが、彼らの真骨頂でもある「刺繍」が今季もすごい。お馴染みの「溶けている」刺繍はもちろんの事、動物が立体的に刺繍されていたり…と様々な角度から驚かされています。立体刺繍はWISMでも別注をさせてもらったほど気に入っています」 堀家さんが語ってくれたように、「溶けている」刺繍はdoubletのお家芸。溶けている文字をプリントで表現するとサイケデリックな印象になりますが、刺繍で表現となるとイメージがまるで異なります。ファッション性は当然ながら担保されていますが、表現力が豊かなこの技術自体に惚れ込んでしまうファッション関係者が多いのも頷けます。今後も続くdoubletとWISMの蜜月関係。この関係性から生まれるプロダクトにこれからも注目です。

doublet “BIG STITCH SWEAT SHIRT” ¥49,000+TAX

 
is-ness

is-ness “MONSTER COAT” ¥80,000+TAX

ファッションフリークから絶大な支持を受けるドメスティックブランド・is-ness。WISMでも例に漏れず展開しており、6月にはWISMとis-ness初となるコラボレーションライン ”WIS-NESS”が始動したのが記憶に新しいところです。2020秋冬がコラボレーション本格展開となる予定ですが、その前にインラインの展開が始まりました。秋冬の立ち上がりでいきなりコート!?と思う方も少なくないと思いますが、そこにはある理由が隠れていました。 「まだまだ暑い日もありますが、この時期でもis-nessのアウターは売れています。なぜならば、着たい頃にはいつも無い。is-nessらしい丸さの出るフォルムが特徴的です。イチ押しはモンスターコート。着ればわかる抜群のかっこよさです」とWISM PRの青木華絵さんが語ってくれました。アウターだから大丈夫、とタカを括っていると肌寒さを感じる10月、11月くらいには店頭にはすでに並んでいないようです。これは急がないと…

is-ness “WOOL PILE SWEAT SHIRT” ¥18,000+TAX

is-nessの魅力はもちろんコートだけではありません。青木さんがis-nessの魅力のひとつに「丸さの出るフォルム」と語ってくれているように、is-nessの商品はトゲを感じさせない少し女性的な優しさを感じさせてくれます。このWOOL PILE SWEAT SHIRTも例に漏れず、丸み、優しさを感じます。「五感では感じられない何かを感じ取れるような「心で感じるプロダクト」を目指す」というブランドコンセプトも納得のアイテムです。

is-ness “REVERSIBLE PULLOVER FLEECE” ¥42,000+TAX

 
NOMA t.d.

NOMA t.d. “PIN STRIPE SHIRT” ¥15,000+TAX “PIN STRIPE TROUSERS” ¥15,000+TAX

ピッチの大小がランダムなこのシャツとパンツはNOMA t.d.のもの。WISMでは2020SSに初の別注シャツをリリースし、今後の動向も楽しみなブランドです。NOMA t.d.の何が他のファッションブランドと異なるかというと、デザイナーの内1人がテキスタイルデザイナーだということ。ハンドドローイングを活かしたテキスタイルに多くのバイヤーたちが注目しています。2008年には本ラインとは別の「NOMA COUNCIL」を立ち上げ、洋服以外のプロダクトデザインも手掛けているというのだから、様々なデザインソースから形作られるNOMA t.d.のファッションプロダクトは他の追随を許しません。

NOMA t.d. “BREACH TWIST SWEAT” ¥22,000+TAX

WISM PRの青木さんもNOMA t.d.の魅力に取り憑かれている1人で「ハンドドローイングなどブランドの世界観漂うテキスタイルが魅力なNOMA t.d.。ブリーチ加工が施されたスウェットは唯一無二の存在感。また、毎シーズン人気のセットアップで着られるシャツ、パンツはどちらも今こんな時だからこそ楽にラフに着られるアイテムです。別柄で別注も進行中です!」と語ってくれました。なるほど確かにこのスウェットシャツは、首元のディテールや加工でブリーチを入れているところなどはどことなくアートを感じさせる仕上がりです。シャツの別柄の別注と言うのがとても気になります!!   <問い合わせ先> WISM 渋谷店 東京都渋谷区神宮前5-17-20 1,2F 03-6418-5034 WISM 堀江店 大阪府大阪市西区南堀江1-9-7 06-4390-4050 WISM 新宿店 東京都新宿区新宿4-1-7 2F 03-5361-7760  

Writer Profile

谷本春幸

Writer Profile

谷本春幸

PR / ライター / Youtube演者

EDIFICE、417 EDIFICE、JOURNAL STANDARDなどのプレスを経て独立。 フリーランスでライター、ウェブ媒体MOOVOOでの企画“モノ散歩”にてYoutubeの演者としても活動中。 INSTAGRAM:@haruyukitanimoto Twitter:@haruyukitanimo1