FASHION

2020.09.04

エレッセがコラボレーションパートナー4組と手がけるミニコレクションをリリース。

  <ellesse(エレッセ)>が「ellesse Archive」をテーマに、エレッセの60年にわたる歴史の中で生まれたグラフィックをもとに、4組のコラボレーションパートナーの独自表現が映えるグラフィックのオリジナルロングスリーブTシャツを9月11日(金)より発売開始します。。タイトルの「LS TEE」には、ブランド名の語源でもある創設者レオナルド・サルバディオ(Leonard Servadio)のイニシャル「LS」とロングスリーブティー(Long Sleeve TEE)の2つの意味が込められており、エレッセならではのミニコレクションです。注目のコラボレーションパートナーには、既にコレクションを展開しているアーティストの<とんだ林蘭(とんだばやし・らん)>さん、ファッションブランド<F-LAGSTUF-F(フラグスタフ)>、10月以降にコラボレーション第2弾を発売予定の<Hombre Niño(オンブレ・ニーニョ)>、そして初のコラボレーションコレクションを発売予定の<WIND AND SEA(ウィンダンシー)>の4組を迎え、それぞれの感性とアレンジが加わりエレッセのアーカイブ作品が新しい形で生まれ変わりました。 TONDABAYASHI RAN L/S TEE 数あるグラフィックの中から一目見て魅了されたという80年代のスピードボードのグラフィックを採用。とんだ林蘭さんならではの感性でアレンジしたアイテムです。   F-LAGSTUF-F L/S TEE エレッセが今までかかわってきたスポーツであるテニス、スキー、マリンのコレクションを採用。そのなかでも特に鮮やかな色使いが象徴的だったマリンにフォーカスをあてF-LAGSTUF-Fオリジナルのエンブレムやヨットのデザインを用いたアイテムです。   Hombre Niño L/S TEE ITALIA(イタリア)というキーワードとレトロなデザインに惹かれ、90年代のTシャツに使われていたグラフィックを採用。Hombre Niñoの「RETRO and NEW」というコンセプトのもとデザインされたアイテムです。   WIND AND SEA L/S TEE 旅とテニスをシーズンテーマにしていた90年代当時のグラフィックを採用。旅とテニス=エレッセ、旅と自然=WIND AND SEA、「旅」をキーワードに結び付けアレンジしたアイテムです。 各8,800円(税込)でellesse TOKYOとellesse ONLINE STOREで発売されます。是非チェックしてみてください。 <コラボレーションパートナー紹介> とんだ林蘭(とんだばやし・らん) 1987年生まれ。東京を拠点に活動を行う。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて、日々の生活から着想を得た様々なモチーフを組み合わせ、猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現で作品を制作している。
  F-LAGSTUF-F(フラグスタフ) F-LAGSTUF-Fはデザイナーの村山靖行氏が手掛けるブランド。 “An uncategorizable genre(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたアパレルブランド。
  Hombre Niño(オンブレ・ニーニョ) 2012年ブランドを発足。常に東京ストリートシーンを牽引して来たYOPPIこと、江川芳文氏と数多くのレーベルでウエアプロダクトを手掛けて来た関正史氏が新たなコンセプトで発足させる。ブランド名は、スペイン語で表した「Hombre / 男(大人)・「Niño / 子供」という意味。『RETRO and NEW』をコンセプトに、懐かしきスタイルに新しい解釈を、先進的な物にはクラシカルなエッセンスを加えるなど、普遍的でありながら独特なシルエットやディテールを特徴とするブランド。
WIND AND SEA(ウィンダンシー) スタイリストの熊谷隆志氏がディレクターを務めるストリートウェアブランド。 その昔、アメリカのサンディエゴのラホヤにあるサーフポイント、 Windandsea Beach での出来事。良い気分で波乗りを終え、海から上がった僕の目に飛び込んできたのは、”F**k you. Go home!” と書かれた僕の車だった。とても悔しかった。と同時に、いつか、僕が自分のブランドを作るときは、このビーチの名前を使ってやろう、と心に誓った。そして、2018 年、その時の思いと共に、WIND AND SEA を東京で誕生させた。
 
<問い合わせ先> 株式会社ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 電話:0120-307-560