FASHION

2020.07.14

間も無くデリバリースタート!TAUPEの2020-21Autumn&Winterのコレクション

  ”大人にむけた、個性を発揮する為の日常着”をコンセプトに掲げ、デザイナー・Yahei Arayaが展開するTAUPE(トープ)の2020-21AWのルックをご紹介します。TAUPEは現在、417 EDIFICEやLui’sなどの国内外のセレクトショップで展開中。来シーズンから一部でレディースやカバンの展開もスタートし、次のシーズンではもっと幅広い展開になる模様です。 ちなみに「TAUPE」とは色の名前で、ブラウンとグレーの間のグレージュ色。初見の人に「これは何色ですか?」と聞くとはっきりと答えが出ない色で、そのありそうで無いところ、固定概念に囚われないところをブランドコンセプトに置いており、そのエッセンスはルックからも伺えます。 今後が要注目のブランドからのルックをまずはいくつかご覧ください。         基本的に全て日本製。日本工場の良いところは、海外と違ってとにかく「真面目」なところ。技術だけを比べると海外工場との差は以前ほど無くなってきていますが、最終的な検査は海外とは比べものにならないほどの精度を誇ります。 TAUPEはそう言った、真面目な日本人ならではの緻密なものづくりやクオリティーへのこだわりを持った日本国内工場を選定し、基盤にしているので見惚れるほどの完成度の高い製品がTAUPEの大きな特徴です。 ルックの全貌はこちらをご覧ください。 注目の商品デリバリーはもう間も無く。直に手に取って見たい方はオフィシャルホームページのショップリストをご参照ください。オフィシャルホームページではオンラインショップも併設しているのでそちらのチェックも忘れずに。   <問い合わせ先> TAUPE Official Web Site https://www.taupe-japan.com/contact Instagram:taupe_jp