FASHION

2020.04.29

【With COVID-19】いち早くマスク生産に取り掛かった8ブランド

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてから市場に出回ることが極端に少なくなり、貨幣と同じレベルまで価値が上昇しているマスク。飛沫を防ぐためにマスクをすることは人類にとって義務に近いものとなり、需要は依然として高い水準にあります。こんな状況を打破しようとファッション関係者が次々と立ち上がっているのはご存知でしょうか?モノを作ることさえ困難なこの状況の中、感染拡大防止に向けて以下の8ブランドが動き始めています。 (アルファベット順) これらのブランドからリリースされているマスクはそれぞれの特性がいかされたモノばかり。製作者の想いとともにぜひご覧ください。 ※現在、品切れになっているものもありますが、すべてのブランドで追加生産することが確認できています。欠品している場合はブランド公式サイトやSNSを随時ご確認ください。 【38works】 会津木綿マスク ¥800+tax 38worksは福島県西部に古くから伝わる伝統工芸品“会津木綿”を使ったマスクを生産しています。会津木綿はもともと野良着として使われていたほど堅牢な布で、家庭での洗濯にも耐えることができます。布のマスクは使うたびに洗濯しなければならないため丈夫なのはとても重要なポイント。加えて、汗をよく吸い、通気性も高い布なので装着感も優れています。裏面にはポケットが付いていて、キッチンペーパーやマスクフィルターを入れることも可能です。
株式会社38works 原山修一さんのコメント 「市販マスクが買えず、会津木綿でマスクを作って欲しいという要望が沢山あり製造しました」   ②人にも地球にもやさしい【BONUM】のオーガニックコットンマスク 【BONUM】オーガニックコットンマスク ¥1800+tax サスティナブルリメイクを標榜するBONUMからはオーガニックコットンを使った立体型マスクが登場。シャンブレー素材なので通気性がよく軽いつけ心地で、これからの季節でも快適に着用することができます。立体的な形状、かつ長さ調節が簡単なゴムのおかげで締め付け感が少なく、動きが多い時でもズレにくいのも特徴です。軽い装用感なので、運動時のエチケットにぜひ使って欲しいマスクです。 株式会社ベイクルーズ取締役 BONUMディレクター 森秀人さんのコメント: 「コロナショックを目の当たりにして、私たちが今直ぐに出来る事を考えました。マスク不足の状況を直面し、直ぐに出来ることとしてリメイク用シャツ素材の残反を使用したマスクを生産しました。そのリメイクマスクが思いのほか反響があり、またキッズサイズのリクエストも多かったので残反だけでは足りずオーガニックコットンを使用したマスクを追加生産しました。EC販売してるのでチェックして貰えたら嬉しいです」   ③経年変化も楽しめる【FACTOTUM】のデニムマスク 【FACTOTUM】デニムマスク ¥3000+tax(2枚セット)※色の組み合わせはオンラインショップでご確認ください FACTOTUMの定番リジッドデニムのを使用したマスクは経年変化を楽しむことができるという、ファッションアイテムならではの楽しみが備わっています。そのデニム生地は岡山県倉敷市児島のデニムを使用。FACTOTUMのデニム愛が感じられます。デニムだけだと装用感に不安があるけれど、ガーゼが付属されているので心配ご無用。ゴム紐は自分の好きな長さに調節することもできます。 FACTOTUMデザイナー 有働幸司さんのコメント: 「こんな大変な時期だからこそ、全スタッフとデニム工場さんと楽しい企画を考えました!皆さんも楽しんで貰えたら嬉しいです!」   ④負けないマスク。【FOUR DOTS】のバンダナマスク 【FOUR DOTS】バンダナマスク ¥1590+tax 上の4枚のマスクはすべて模様が違いますが1枚のバンダナから作られています。一見似ているように見えますが、拘り出せるのがポイントです。生地はしっかりした質感で耐久性があり、洗濯にも耐えられますし形もカッチリ決まります。“付けたくなるマスク”というのはマインド的にとてもポジティブ。ファッションの一部として取り入れたいマスクです。 FOUR DOTS 今田昌吾さんのコメント: 「ウイルスが広まり出した当初に立ち寄ったスーパーマーケットでマスクの争奪戦を見てしまって「こんなの嫌だな、、、」ってなって、マスクを作る事を決めました。元々オリジナルのバンダナを作成していたので、それを再構築する形で製品化出来たのはラッキーでした。この先世の中がどうなって行くのか、正直分からないです。だけど、僕は何処に居たって楽しむ事を諦めません。誰かに少しでも喜んで貰えるように、これからもプロダクトで世の中に貢献していこうと思っています。今僕が話している事が「うわーっ真面目ぶって、、そんな時代もあったね〜」と皆んなのネタになっている世界を心から願っています」   ⑤アバンギャルドなロゴがかわいい【FR2】のマスク 【FR2】のマスク ¥2000+tax 一見シンプルですが、左下部のロゴをよくよく見ると…。かわいいけれどひと癖あるウサギのロゴがアクセントになっていて、オシャレアイテムとして優秀なマスクに仕上がっています。軽量でさらっとした付け心地なので、ストレスなく一日中過ごすことができます。実はこのマスク、コロナ騒動前から販売している商品。デザインも装用感も優秀なF××king Rabbitsのマスク、ぜひ一度お試しください。   ⑥レザー好きはこの1択。【T.A.S】のレザーマスク 【T.A.S】のウォッシャブルレザーマスク ¥4000+tax 様々なところからマスクがリリースされていますが、レザーのマスクはとても珍しい。それも洗えるというから驚きです。T.A.Sはレザーを中心とした小物を扱う日本のブランドで、卓越したレザー加工技術や発想力はヨーロッパを中心に世界から高い評価を得ています。素材はピッグレザー。プリーツの加工は洗うことで徐々に取れていきます。洗いを繰り返すことで独特の風合いを持つので、デニムと同じように自分流に育てていくのもきっと楽しいはずです。 T.A.S ディレクター 安藤哲也さんのコメント: 「昨今のコロナウイルスによる世の中の閉塞感をファッションの力で少しでも明るくできればと思い、今回のマスクの製作、販売に至りました。ウォッシャブルレザーで製作されているので洗って繰り返し使うことができます。また、洗うことで起きる風合いの変化も楽しんでもらえればと思います。皆様もお身体をご自愛ください。このコロナ禍が一刻も早く終わることを願っています」   ⑦ニットの産地・新潟県五泉市発。【UMEDA KNIT】のウォッシャブルマスク 【UMEDA KNIT】のウォッシャブルマスク ¥273+tax 初見から、このマスク付けてみたい…、と思わせる不思議な力を宿しているUMEDA KNITのウォッシャブルチェックマスク。目を惹く美しいチェック柄はもちろんですが、地域のマスク不足を憂いたUMEDA KNITはいち早くマスク生産に漕ぎ着け、五泉市の市役所や小中学校に寄付を行ったというのだから、その優しさがこのマスクに込められていることは間違いありません。同工場発のブランド【WRAPINKNOT】の技術力、美しさに裏打ちされた2パターンのチェックマスクは今後も要チェックです。 (株)ウメダニット代表取締役社長・WRAPINKNOT director  梅田大樹さんのコメント: 想定以上にコロナ拡大の影響が日に日に増していた 3 月上旬、マスクなど弊社でできるこ ともすべきか現業に専念すべきか正直少し迷っていました。ある日裁断部の社員が「社長、うちもマスク作りませんか?」と背中を押してくれ、そこで即断して動くに至りました。また、一部を寄付すべきかをその後検討していましたがあるパタンナーから「うちのマスクも市役所などに寄付できたりしたらいいですよね!」と社内メールをもらいこちらもその後押しで即決できました。現業のOEMなどですとお取引先は東京などが多いですが、自分たちの仕事や技術が、身近な人々の助けになることへのやりがいを社員も感じ、一部終業後にボランティアで縫製やその他業務をしてくれる社員も出てきてくれました」   ⑧高品質コットンを使った【wizzard】のデニムマスク 【wizzard】デニムマスク“AGING”  ¥3000+tax(2枚セット)※色の組み合わせはオンラインショップをご覧ください IDENTITY-個性-・IMAGINATION-想像力-・INVESTIGATION-追究-をコンセプトに掲げる日本のブランド、wizzardから発売されているデニムマスクは高品質なアメリカ製コットンを使用。ブラックデニムに関しては特徴的な染めを施しており、縦糸はロープ染色、横糸はチーズ染色の硫化染めで、他には無い経年変化を楽しめます。裏地にはGIZA天竺を使用して耐久性、保温性に優れており、非の打ちどころがないマスクに仕上がっています。 wizzardデザイナー 佐藤幸史さんのコメント: 「新型コロナウィルス COVID-19 によって今までとは一変した日常を余儀なくされている中、生活の中に何か高揚感を感じられ、少しでも気分を上げてこの状況を乗り越えていけるきっかけを作れたら良いなと思いました。作成にあたり、今や誰もが必要不可欠なアイテムとなったマスクを通じて皆様にファッションの持つ”楽しむ気持ち”を感じて頂ければと思い、2020AW コレクションラインで使用しているデニム生地とカットソー生地の同素材を使用しマスクを作成することにしました。少しでもこのマスクを通じて皆様がこの状況を乗り越える為のお力になれましたら幸いです」   デザインが違ったり、素材が違ったり、柄が違ったり、それぞれのブランドの特徴が出ているマスクを紹介しました。Afterコロナの時代は当分先になることが予想されるので、それまではWithコロナで生活しなければなりません。そんな生活で気持ちが沈まないように、好きなマスクを付けて気分をあげるのもひとつの方法です。後ろ向きでは何も進みません。困難な時こそ前を向いて、ポジティブな生活を送ることができるよう工夫していきましょう!最後に、マスクをしていない人は事情があって入手ができない人かもしれません。そんな人にはこういうマスクがあることを教えてあげてください。助け合って、みんなでこの困難な状況を乗り越えましょう!   【38works】会津木綿マスク ¥800+tax 株式会社38works info@38works.net 【BONUM】オーガニックコットンマスク ¥1800+tax BONUMインスタグラム @bonum.jp 【FACTOTUM】デニムマスク ¥3000+tax FACTOTUM LAB STORE 03-5428-3434 【FOUR DOTS】バンダナマスク ¥1590+tax FOUR DOTSインスタグラム @four_dots_online 【FR2】マスク ¥2000+tax せーの 03-6455-1371 【T.A.S】ウォッシャブルレザーマスク ¥4000+tax TEENY RANCH 03-6812-9341 【UMEDA KNIT】ウォッシャブルマスク ¥273+tax 株式会社ウメダニット総務部 0250-43-0600 【wizzard】デニムマスク ¥3000+tax TEENY RANCH 03-6812-9341

Writer Profile

谷本春幸

Writer Profile

谷本春幸

PR / ライター / Youtube演者

EDIFICE、417 EDIFICE、JOURNAL STANDARDなどのプレスを経て独立。 現在はWISM、BONUMのプレスを担当しながらフリーランスでライター、ウェブ媒体MOOVOOでの企画“モノ散歩”にてYoutubeの演者としても活動中。 INSTAGRAM:@haruyukitanimoto Twitter:@haruyukitanimo1