FASHION

2019.09.05

オトナのロングスリーブTシャツ特集

9月に入りそろそろ涼しくなってくる季節。 そんな時に重宝するのがロンTです。 今回は王道のプリントものから、テック系ブランド、シルエットにひねりを効かせたアイテムなどをピックアップしてみました。 ピックアップされたロンTで他と差をつけるコーディネートを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

1枚目は王道のプリントものを。 <UNITED STANDARD(ユナイテッド スタンダード)>のロンTです。ユナイテッドスタンダードはイタリアで設立されたブランドで、デザイナーのジョルジョ・ディ・サルボはグラフィックデザイナー、アートディレクター、フォトグラファーとマルチに活躍するデザイナーです。 今回はユナイテッドスタンダードとDANIEL SANSAVINIとのコラボアイテムです。 キャッチーなグラフィックがバックにあり、左袖だけにそのグラフィックがプリントされています。フロントの裾の小さなプリントも小粋ですよね。 かわいいプリントですが、モノトーンなので可愛くなりすぎずストリート感もあるのもナイスです。

UNITED STANDARD Daniel Keep L/S T ¥17,000+TAX

  2枚目は、<MARKAWARE(マーカウエア)>のホワイトロンTです。 ただのホワイトのロンTではありません。 生地はハリのあるコットンで身幅のあるワイドシルエット。パリッとした感じなので、自然なドレープができます。そして、気が利いているのは首回り、リブだけスタンダードなTシャツのリブを使っています。 なので、ボディはパリッとしていますが、首回りは柔らかい。まさにオトナの仕様です。一枚で十分に存在感のある一枚。 少し、生成りっぽい雰囲気なので、茶色のスラックスとかに合わせたいですね。

MARKAWARE L/S Tee ¥18,000+TAX

  3枚目は<ellesse(エレッセ)>のポケット付きのロンT。 エレッセはもともとスキーアイテムのブランドでその後、テニスウエア界に進出したスポーツブランド。 それまでは白一色だったテニスウエアにパステルカラーを取り入れたアイテムでテニスウエアの世界に革命を起こしました。そんな革新的なことをやってしまうエレッセがジッパー付きのメッシュポケットをつけているロンTを作りました。革新的です。 個人的にはこんなに大きくて、ジッパー付きのポケットがついているロンT見たことないです。 手ぶら派には最高の一枚。これからはロンTも新しい機能を備えていくのかもしれません。

ellesse HERITAGE Pocket L/S T ¥6,900+TAX

  後半戦の4枚目。<417 EDIFICE(417 エディフィス)><FRUITS OF THE LOOM(フルーツ・オブ・ザ・ルーム)>に別注したロンTです。 ベーシックなアイテムを作り続けるフルーツ・オブ・ザ・ルームのロンTに両裾にポケットがついているという今までにはなかったアプローチ。 同系色だからさりげないアクセントになっていて、こちらもオトナなロンTとなっています。 少し寒い日にパンツのポケットじゃなくて、ロンTのポケットに手を入れて歩いている感じはオシャレ。

FRUITS OF THE ROOM Remake L/S TEE ¥5,500+TAX

  5枚目は<UNDEFEATED(アンディフィーテッド)>のロンTです。 スニーカーファンには説明不要のスニーカーショップ、アンディフィーテッドのロゴ。左右が少しグラデーションになっているのが粋な感じですね。もう少し寒くなってきた時に、ブルゾンから少し見えるくらいの感じがすごくいいアイテムです。 スニーカーファンでない人に少しアンディフィーテッドの説明すると、2001年のアメリカ同時多発テロのちょうど1年後にスタートしたブランドです。 アメリカ時多発テロで悲しみを乗り越え、「UNDEFEATED=絶対に負けない」というスローガンがブランドネームに込められています。 その意味を胸に、このロンTを着るとまた違った感覚で着ることができるかもしれないですね。

UNDEFEATED Logo LONG SLEEV T ¥6,500+TAX

  6枚目は<GOLDWIN(ゴールドウイン)>のボーダーロンTです。少し薄めのブラックがボーダー柄のポップな感じを抑えてくれて、太めのピッチでもオトナな雰囲気を醸し出してくれます。 そして、ゴールドウインが掲げるコンセプトのスキーやアウトドア、アスレチックからフィードバックされた少し厚めの生地は他のコットンとは一味違う肌触りを提供してくれます。 50年を超える日本のブランドの技術が集約された、最高峰のボーダーロンTです。

GOLDWIN Border Jersey Long sleeve  ¥16,000+TAX

  最後の7枚目は<OAKLEY BY SMUEL ROSS(オークリーバイサミュエルロス)>ロンTです。 オークリーはサングラスブランドとして有名ですが、あまり洋服に関してはもしかしたら知っている人があまりいないかもしれません。 このオークリーバイサミュエルロスはロンドンのブランド<A-COLD-WALL*(ア コールド ウォール)>のデザイナーサミュエル・ロスがクリエティブディレクターを務めるブランドです。オークリーの研究と技術革新の歴史に基づき、ユニークな素材の組み合わせと革新的な生産技術を抽象的な要素とミックスさせ、ダイナミックで未来的な見せ方のアイテムを作っています。 フロントはパッとみ小さいオークリーのロゴが入り、コットンの普通のロンTと思いきや、バックスタイルは同色異素材と細かなプリントながら存在感のあるものに仕上がっています。 まさにブランドのコンセプトが凝縮された1枚です。 昨今、NIKEやadidasなどスニーカーブランドがアパレルを作り、それをコーディネートに取り入れスポーツミック的なコーディネートが流行ですが、アイウェアブランドがコレクションブランドのデザイナーを起用し本格的なアパレルを作る試みはあまり他にはないと思います。 ブランドの精神と先進的な試みに思いを馳せてみては。

OAKELY BY SAMUEL ROSS L/S T ¥20,000+TAX

  いかがでしたか? 今年の秋に買うロンTの参考になりましたか? シンプルだけど、どこか強いところがあるアイテムだったと思います。 なぜここのポケットを付けたのかな?なぜここにプリントしたのかな?とか、考えると面白い発見があったり、そのブランドバックボーンを知ったりすることがあります。洋服は必ず作り手の気持ちがどこかに潜んでいます。それを探すことも面白し、そのアイテムに愛着が湧くかと思います。 そのブランドの精神やメッセージを知れば、またロンT一つとっても、着るときの気持ちが変わると思います。
<問い合わせ先> UNITED STANDARD Daniel Keep L/S T ¥17,000+TAX OAKELY BY SAMUEL ROSS L/S T ¥20,000+TAX Diptrics(ショールーム) 電話:03-5464-8736 MARKAWARE L/S Tee ¥18,000+TAX PARKING 電話:03-6412-8217 ellesse HERITAGE Pocket L/S T ¥6,900+TAX ゴールドウイン  カスタマーサービスセンター 電話:0120-307-560 FRUITS OF THE ROOM Remake L/S TEE ¥5,500+TAX 417 EDIFIES 渋谷 電話:03-5456-6971 UNDEFEATED Logo LONG SLEEV T ¥6,500+TAX UNDEFEATED SHIBUYA 電話:03-5962-7885 GOLDWIN Border Jersey Long sleeve T ¥16,000+TAX Goldwin Marunouchi 電話:03-6268-0037

Writer Profile

安部 賢輝 / Masateru Abe

Writer Profile

安部 賢輝 / Masateru Abe

Stylist / Director

アーティスト、広告のスタイリング。アパレルブランドのヴィジュアル制作のディレクションなど幅広くスタリングやディレクションを行う。
Instagram @masateruabe_okty