FASHION

2021.03.11

変化球狙いだったらコレでしょ。機能がハンパないアンブロのスマートパディングコート

間も無く春がやってくる!待ち遠しかった春が!コロナ禍で我慢を強いられていた冬がやっと過ぎ去ります。予断は許しませんが、これからお出かけの頻度が増える方もいるのではないでしょうか? 季節の変わり目はアウターに困りがち。日中に外に出ると「今日はあったかいな〜」と余裕を出してそのままお出かけしたものの、太陽が沈んだ後は一気に気温が低くなって寒い寒いと言いながら家路に着く人も少なくないのでは。 そんな時のアウターはスプリングコートがオススメ。アンブロから発売中のSMART PADDING COATは削ぎ落とされたミニマルデザインと機能性が備わったレイトハイヤーユーザーも納得のコートです。ひとつのコートに、これでもか!、というほど備わっている機能をご紹介します。 [umbro] SMART PADDING COAT /  ¥25,300(taxin) SMART PADDINGとはなんぞや?それはアンブロを展開するデサントが開発した機能素材の名称で、保温性や動きやすさ、蒸れ抑止の快適性を追求したものです。保温性についてはまずこちらをご覧ください。 人間があたたかさを感じるとされる体の部位はどこだかご存知ですか?どうやら胸や肩肩甲骨周辺らしいのです。あたたかさを感じやすい箇所に中綿保温パックを配置した、なんとも気が利く機能性。このおかげで動きやすさの面でも機能を発揮します。そして防風性も備えているので季節の変わり目の風が強い日でもへっちゃら。次は耐久撥水性をご紹介。 見るからに、撥水するだろうな、とわかる素材!耐久撥水性を持った生地がなぜに春にオススメなのか?その理由は花粉です。普通の素材だと花粉がつきやすく、家に花粉を持ち込むようなもので花粉症の人間にはたまったもんじゃありません。しかし、撥水性を持った生地は花粉をも弾いてしまうため春に辛い経験をしている方にオススメなんです。そして最後にデザイン性。 トーンonトーンのumbroロゴがおしゃれ!飾らないデザインはレイトハイヤーユーザーの方も支持していただけるはずです。フロント、バック、すべてがとにかくミニマルで気取らないデザインだからこそ、インナーやパンツで思いっきり遊べます。例えばブリーチバギーデニムにデザインニット、そしてこのコートの組み合わせ。今どきでおしゃれだなー、と思ってコートをよく見るとなんとumbro!こんな変化球のつけ方でも遊べるし、王道のプレーンコーデでも活きるユーティリティプレーヤーのumbroのコート、この春のワードローブにひとつ加えてみませんか?   <問い合わせ先> デサントストア https://store.descente.co.jp/top/CSfTop.jsp

Writer Profile

谷本春幸(右)

Writer Profile

谷本春幸(右)

PR / ライター / スパゲストハウスルルドリーダー・広報

EDIFICE、417 EDIFICE、JOURNAL STANDARD、WISMなどのプレスを経て独立。 フリーランスでライターを経たのち、群馬県・四万温泉の宿「スパゲストハウス ルルド」のリーダー兼広報に。現在は群馬に拠点を移し、フリーランスライターとの二足の草鞋で活動中。 INSTAGRAM:@haruyukitanimoto Twitter:@haruyukitanimo1