FASHION

2020.08.28

レショップで「BODHI」のオーダーエキシビジョン開催。

2019年に始動し、長く付き合う道具として誰のワードローブにもある、時代に左右されないオーセンティックウエアを、最高品質のカシミヤでデザインする<BODHI(ボーディ)>の受注会をレショップ青山で開催されます。デザイナーを務めるのは、様々なブランドでマーケティング、生産、MD、バイヤーとしてアパレル業務の全般に携わってきた、水谷倫。自然への敬意をはらいながらカシミヤの持つ魅力と特徴を最大限に引き出し、究極のデイリーウエアを生み出すBODHI。使用するカシミヤは、中でも最高品質と言われる内モンゴル産のホワイトカシミヤ。水谷氏が究極の日常着を作るために、探し求めて出会ったホワイトカシミアの、その最高にして贅沢な着心地を是非この機会にレショップ青山で味わってみては。  
View this post on Instagram

#repost @lechoppe.jp @keiji_kaneko ・・・ 青山店『BODHI』ORDER EXHIBITION 開催 開催期間:8月28日(金)〜30(日) ————————————– 2019年に始動し、長く付き合う道具として誰のワードローブにもある、時代に左右されないオーセンティックウエアを、最高品質のカシミアでデザインするBODHI(ボーディ)の受注会をレショップ青山店にて開催いたします。 デザイナーをつとめるのは、様々なブランドでマーケティング、生産、MD、バイヤーとしてアパレル業務の全般に携わってきた、水谷倫。 自然へ敬意をはらいながらカシミヤの持つ魅力と特徴を最大限に引き出し、究極のデイリーウェアを生み出す『BODHI』。 使用するカシミヤは、中でも最高品質と言われる内モンゴル産のホワイトカシミヤ。 水谷氏が究極の日常着を作るため、探し求めて出合ったホワイトカシミヤの、その最高にして贅沢な着心地を是非ともこの機会にご体感くださいませ。 会期中、全日程デザイナーの水谷氏が皆さまのご対応をさせていただきます。 開催店舗:レショップ青山店(東京都港区南青山3-17-3 1F) ■03-5413-4714 開催日時:2020年8月28日(金)〜8月30日(日) 11:00〜20:00 —————————————— 『自然と共生する、究極の日常着。』 時代が進むに連れ、人間はいつの間にか効率や利便性を重視するようになりました。 もともと、私たち人間も自然の一部。 今、あらためて自然との“共生”について考える必要があるのではないでしょうか。 大切なのは、自然に畏敬の念を表し、持続可能なものづくりについて考えること。  自然からの恩恵を、温もりや安らぎに変えて、作る人から着る人まで皆が幸せになること。 カシミヤの持つ魅力と特徴を最大限に引き出し、 地球がくれた恵みをフィジカルに感じられる究極のデイリーウエアを生み出していきます。 『DESIGN』 Less But Better. 誰もが日々繰り返す、洋服をまとうという行為。 その喜びと幸せを本能的に感じたのは、今から十数年前の冬に古着屋で買ったカシミヤのニットに初めて袖を通した時でした。 他の素材にはない、圧倒的な肌触りと温もり。 そして、着るたびに自然と深まっていく愛着。 いつしか、何世紀にもわたり世界中で愛され続けるこの素材と向き合って、洋服を作ってみたい。 そんな思いに自然と駆られるようになりました。 長く付き合う道具として、誰のワードローブにもある、時代に左右されないオーセンティックウエアを、最高品質のカシミアでデザインしていきます。 それは誰のためでもない、自分だけの究極の心地良さ。 洋服をまとう人のスタイルを変えることなく、内面から日常の質を高めていきたいと考えています。 『MATERIAL』 すべてが、カシミヤ。 カシミヤとは、山羊から取れる天然の産毛のこと。 ひとくちにカシミヤと言っても、地域によって山羊の品種が異なり、実は様々な原料の種類があります。 私たちが使用するカシミヤは、中でも最高品質と言われる、内モンゴル産のホワイトカシミヤ。 カシミヤの産地の中でも、標高が高く寒暖差の激しい内モンゴルの山羊の毛は、丈夫かつとてもしなやか。軽さ、保温性、保湿性が格段に高いだけでなく、繊維が長く、非常に細いため、肌への刺激が極めて少ないです。また、名前の通り真っ白で美しい毛は鮮やかに染まり、別格のカシミヤと言われる由縁です。 モンゴルでのカシミヤの歴史は長く、その中でも内モンゴルのカシミヤ生産技術は、世界でも一級品。山羊を育て、糸を紡ぎ、縫製や加工までを一貫生産。糸を細く長く綺麗に紡ぐ縮絨や染色の技術に加え、編み立てる熟練の職人技は他の国の追随を許しません。 究極の日常着を作るため、探し求めて出合ったホワイトカシミヤ。ぜひ、その最高にして贅沢な着心地を袖を通して実感してください。 #bodhi #japan #tokyo #mensfashion #ladiesfashion #cashmere #unisex #authentic #masterpiece #sustainability #cheapandchic #nature #maintenance #カシミヤ #ボーディ #東京 #メンテナンス #bodhicashmere #luxe #champion #comoli #auralee #graphpaper #lechoppe #johnsmedley #思想 #journal #houyhnhnm

A post shared by BODHI_OFFICIAL (@bodhi_cashmere_official) on

<BODHI BRAND CONCEPT> 自然と共生する、究極の日常着。 時代が進むに連れ、人間はいつの間にか効率や利便性を重視するようになりました。 もともと、私たち人間も自然の一部。 今、あらためて自然との“共生”について考える必要があるのではないでしょうか。 大切なのは、自然に畏敬の念を表し、持続可能なものづくりについて考えること。 自然からの恩恵を、温もりや安らぎに変えて、作る人から着る人まで皆が幸せになること。 カシミヤの持つ魅力と特徴を最大限に引き出し、 地球がくれた恵みをフィジカルに感じられる 究極のデイリーウエアを生み出していきます。   <DESIGN> Less But Better. 誰もが日々繰り返す、洋服をまとうという行為。 その喜びと幸せを本能的に感じたのは、今から十数年前の冬に古着屋で買った カシミヤのニットに初めて袖を通した時でした。 他の素材にはない、圧倒的な肌触りと温もり。そして、着るたびに自然と深まっていく愛着。 いつしか、何世紀にもわたり世界中で愛され続けるこの素材と向き合って、洋服を作ってみたい。 そんな思いに自然と駆られるようになりました。 長く付き合う道具として、誰のワードローブにもある、時代に左右されないオーセンティックウエアを、 最高品質のカシミアでデザインしていきます。 それは誰のためでもない、自分だけの究極の心地良さ。 洋服をまとう人のスタイルを変えることなく、内面から日常の質を高めていきたいと考えています。   <MATERIAL> すべてが、カシミヤ。 カシミヤとは、山羊から取れる天然の産毛のこと。ひとくちにカシミヤと言っても、地域によって山羊の品種が異なり、実は様々な原料の種類があります。 私たちが使用するカシミヤは、中でも最高品質と言われる、内モンゴル産のホワイトカシミヤ。 カシミヤの産地の中でも、標高が高く寒暖差の激しい内モンゴルの山羊の毛は、丈夫かつとてもしなやか。軽さ、保温性、 保湿性が格段に高いだけでなく、繊維が長く、非常に細いため、肌への刺激が極めて少ないです。また、名前の通り真っ白で美しい毛は鮮やかに染まり、 別格のカシミヤと言われる由縁です。 モンゴルでのカシミヤの歴史は長く、その中でも内モンゴルのカシミヤ生産技術は、世界でも一級品。山羊を育て、糸を紡ぎ、縫製や加工までを一貫生産。 糸を細く長く綺麗に紡ぐ縮絨や染色の技術に加え、編み立てる熟練の職人技は他の国の追随を許しません。 究極の日常着を作るため、探し求めて出合ったホワイトカシミヤ。ぜひ、その最高にして贅沢な着心地を袖を通して実感してください。  
<開催日時> 開催店舗:レショップ青山店 住所:東京都港区南青山3-17-3 1F 電話:03-5413-4714 開催日時:2020年8月28日(金)〜8月30日(日)11:00〜20:00 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/lechoppe.jp/