FASHION

2019.10.18

秋のヘッドウエア特集。

今回はこの秋にオススメのヘッドウエア6選です。 ヘッドウエアから秋の雰囲気を取り入れてみてはいかがでしょうか? <KIIT(キート)>のバケットハットは今年トレンドのコーデュロイ。 カラーはアイボリーでホワイトほど強くなく、スタイリングに取り入れやすく、ブリムも横に広がるタイプではなく下方向に広がり、コンパクトな雰囲気とコーデュロイの適度なボリュームとのバランスの良いアイテム。

KIIT KIIT×MASACA 8Wストレッチコーデュロイバケットハット  ¥9,000+TAX

  数年前ハットがトレンドになり、最近はあまり街中でみなくなりましたが、今年は是非ハットを復活させてみてください。新鮮な気持ちになるかと思います。<nivernois(ニヴァーノイス)>のハットは少しクラウン、山の部分が長く、いわゆる中折れ帽とは違いオシャレ感が出る感じ。クラウン部分が長いので、小顔効果もあります。オーバーサイズのシャツと合わせれば、今年の雰囲気が出ます。

nivernois ミックスウールハット ¥18,000+TAX

  次のバケットハットはデンマークのブランド、<MARTIN ASBJORN(マーティンアスビヨルン)>のもの。2種類のカモ柄をミックスし、そのミリタリー感とは違和感のあるピンクで刺繍したイニシャルを配置。そのピンクが絶妙のアクセントになっています。 ただのカモ柄じゃないところにこのブランドの特色が出ています。

MARTIN ASBJORN バケットハット ¥15,000+TAX

  今季のヘッドウエアで注目の素材は、コーデュロイ、ボア、フリースなどボリュームがあるアイテムが多い中、<KIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)>のバケットハットは従来モデルより、こちらもツバを短くミニマルなデザイン。生地も柔らかでどこかツヤ感があるツイル地。バケットハットでこれほど品のあるアイテムは類をみません。逆にパタゴニアのフリースや、チェックのコートなどボリュームがあるアイテムや、インパクトのあるアイテムと合わせると良さそう。

KIJIMA TAKAYUKI バケットハット ¥13,000+TAX

  日本の職人の技術をプロダクトを通して発信することをポリシーにしている<MAISON Birth(メゾンバース)>のハット。 シンプルな中折れハットと思いきや、防水、形状記憶の素材を使用しています。まさに日本の技術が詰め込まれたアイテム。形状記憶なので折り畳んでも形は崩れず、旅に持っていくのにはもってこい。ハットを旅に持っていきたいと思っていた方にはオススメ。 旅先でバブアーとこのハットでコーディネートすれば急に雨が降ってもオシャレにキマリます。

MAISON Birth ハット ¥18,000+TAX

  最後は<LOCK&Co Hatters(ロックアンドコーハッターズ)>のキャップ。 ここまでは、実はキャップはセレクトしないという裏テーマがあったんですが、これに出会ってしまったので、その裏テーマは捨てました。ロックアンドコーハッターズは、英国御用達ブランドで300年を超える歴史は記録に残っている帽子店で世界で最も古い帽子店。顧客はダイアナ元皇太子妃、ジョンレノン、チャップリンなどそうそうたるメンツです。ハット、キャスケットなどが多いブランドで、あまりキャップが見ないのですが、これはキャップでしかもチェック柄。もちろんハンドメイドで、丁寧で美しい仕上がりになっています。かぶり心地も最高で、ぜひワードローブに加えていただきたいアイテムです。

LOCK&Co Hatters ビーバーベースボールキャップ ¥20,000+TAX

今回はヘッドウエアで秋の雰囲気を感じられるアイテムをセレクトしてみました。 寒くなってくるとヘッドウエアの出番も多くなるはず。バケットハットはトレンドアイテムなので、ストリートとの相性も抜群。ハットは意外にどんなスタイリングにもあう万能アイテムです。キャップはいつものものと違う伝統と新しいチェック柄を体感してみてください。
KIIT バケットハット ¥9,000+TAX TEENY RANCH 電話:03-6812-9341 nivernois ハット ¥18,000+TAX CHAPELIER coeur 電話:06-6202-3730 MARTIN ASBJORN バケットハット ¥15,000+TAX Sian PR 電話:03-6662-5525 KIJIMA TAKAYUKI バケットハット ¥13,000+TAX エディフィス 新宿 電話:03-5366-5481 MAISON Birth ハット ¥18,000+TAX Sian PR 電話:03-6662-5525 LOCK&Co Hatters ビーバーベースボールキャップ ¥20,000+TAX エディフィス 新宿 電話:03-5366-5481    

Writer Profile

安部 賢輝 / Masateru Abe

Writer Profile

安部 賢輝 / Masateru Abe

Stylist / Director

アーティスト、広告のスタイリング。アパレルブランドのヴィジュアル制作のディレクションなど幅広くスタリングやディレクションを行う。
Instagram @masateruabe_okty